板板橋不動尊は求子祈願と安産祈願で子どもを大切にする心温かい場所

観光

板橋不動尊は、開創約1200年の歴史をもつ、加持祈祷の道場です。

関東三大不動尊の1つで「板橋のお不動さん」と親しまれています。

ご利益は、求子安産、子どもの成長安全、家内安全、厄除など。

不動院では、求子祈願、安産祈願、赤ちゃん初詣り成長祈願、厄除け祈願などを行っており、家族で訪れる人が多いです。

子どもを大切に想う家族で溢れるこの不動院は、優しさに満ちた心が温まる場所です。

石柱門

板橋不動尊の入口です。

 

 

スッキリとした石柱門。

石碑には、正式名称の「清安山不動院願成寺」が彫られています。

板橋不動尊とは、通称で呼ばれているものです。

では中へ進みましょうか。

 

楼門

楼門です。

1700年の江戸時代に建てられたものです。

 

 

朱塗りの楼門。とても鮮やかな色味ですね。

見ているだけで、なんか元気になるような気分です。

楼門には、仁王像がいます。

 

 

阿形(あぎょう)は右側、口を大きく開き、激しい怒りの表情をあらわしています。

吽形(うんぎょう)は左側、口を閉じ、静かな怒りを内に秘めています。

恐い顔の仁王様ですが、仏様やお参りする人たちが安心できるように、懸命に守る強い願いが込められています。

 

三重塔・鐘桜

楼門を過ぎると、三重塔と鐘桜があります。

 

 

左が三重塔で、右が鐘桜。

どちらも立派な建物で、重厚な雰囲気もあります。

 

 

三重塔は、1772年の江戸時代に建立された、極彩色の彫刻を施した名塔です。

間近で見る三重塔はあまりにも素敵で、目が釘付けになります。

 

境内

境内の様子をご紹介。

緑が多く、自然豊かで心が癒されます。

 

 

 

6体のお地蔵さまがいます。六地蔵ですね。

苦しむ人々を救ってくれるお地蔵さまは、水子供養の役割も担ってくれます。

 

手水舎

境内にある、手水舎です。

 

 

朱塗りの手水舎で、明るい気分に。

手水舎の奥には、休憩所とトイレがあります。

 

 

広々とした、開放的な空間です。

心身を清めたところで、いざ本堂へ。

 

板橋不動尊大本堂

こちらが板橋不動尊の大本堂です。

 

 

 

思わず「素敵!」と言ってしまうくらい、華やかな本堂。

朱塗りの大きな本堂は、迫力がありつつも、華麗な佇まいでもあります。

 

 

あまりの美しさに魅了され、見ているだけで明るい気分になっていきます。

そして優しく包み込むような、暖かみさえも感じます。

この本堂には、子どもを大切に想う多くの人たちが集まる場所。

その優しさに満ち溢れた、心温まる気持ちがが伝わってくるのかもしれません。

 

お犬不動尊

板橋不動尊は「お犬不動尊」とも呼ばれています。

大本堂に前に、2匹の白い犬がいます。

 

 

この白い犬が、難産に苦しむ女性を救った話を聞いてください。

江戸時代、この地には難産の妊婦さんが多かったそうです。親子共に亡くなることもあったそう。

そんなある夜、村主の夢枕に、雌雄の白い犬が現れました。

我々は板橋不動尊の使いで、女性たちが揃ってお参りをすれば難産から救う、と言いました。

翌朝、一同揃ってお参りと護摩祈願しました。そして白い犬に奉納したところ、難産で苦しむ女性はいなくなったそうです。

以降、板橋不動尊を別名「お犬不動尊」と呼ぶようになり、出産安産のご利益があると言い伝えられています。

›› オススメ本:ちいさなあなたへ(これから母になる人へ、子を愛する気持ちがわかります)

 

子安観音

さて、今度は子安観音のご紹介。

 

 

ここで子授けの話をさせてください。

昔、宍戸の藩主、松平公は世継ぎに恵まれず困っていました。

そこで板橋不動尊に熱心にお祈りしたところ、男の子を授かりました。

そのお礼として、板橋不動尊の大本堂を寄進されたそうです。

›› オススメ本:わたしがあなたを選びました(命の大切さや子どもを授かる意味がわかります) 

 

子安観音さまが抱いているのは、お不動さまのけんぞくの一人で「子守こんがら童子」と言います。

赤ちゃんの初参りに無事成長を祈祷し、子どもが災難から守られ、丈夫に育つようにと授与されました。

お子さんが7才に成長した時に「願ほどき」に参詣し、祈祷を受けられてここに納めます。

 

おみくじ

境内には、おみくじがあります。

 

 

六角形のおみくじ堂。明るく可愛らしいです。

 

▽七福神おみくじ

 

▽恋みくじ

 

▽み仏のお慈悲は深しみくじ引く

 

お守り

お守りのご紹介です。

こちらの御礼所で購入できます。

 

 

▽交通安全・かぼちゃ守(ボケ封じ)・身体健全・祈願成就御守・病気平癒・開運厄除・学童

 

板橋不動尊は、安産や子授けのお守りが有名。

ですが写真を撮れずにごめんなさい…今度改めて撮ってきます。

 

アクセス

 

交通機関のご案内

■つくばエクスプレス
みらい平駅:車で約5分
守谷駅:車で約10分
バスで約20分(東口2番乗り場~緑ヶ丘団地行乗車~不動尊前下車)

■関東鉄道常総線
守谷駅:車で約10分
バスで約20分(東口2番乗り場~緑ヶ丘団地行乗車~不動尊前下車)

■JR常磐線
取手駅:バスで約35分(西口3番乗り場~谷田部車庫行き(筑波CC経由)乗車~不動尊前下車)

■レンタカーを探す
じゃらんレンタカー

 

駐車場

板橋不動尊の駐車場は、第1駐車場と第2駐車場があります。

ここでは道路に面した、わかりやすい第1駐車場をご案内します。

 

駐車場は、伊奈東小学校の隣にあります。

駐車場入口には「不動院駐車場入口」の看板があります。

 

 

信号を入った奥が、駐車場になります。

 

 

ここが第1駐車場。

白線などはなく、自由に車を停められます。

 

 

さらに奥に進むと、第2駐車場につながります。

この駐車場から不動院入口まで徒歩1分です。

 

おわりに

板橋不動尊は、開創約1200年の歴史をもつ、加持祈祷の道場です。

ご利益は、求子安産、子どもの成長安全、家内安全、厄除。

安産祈願や子授け祈願、子どもの成長祈願で多くの人が訪れています。

子どもを大切にと願うこの不動院は、優しさに溢れた温かい場所です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました