餃子雪松(茨城県筑西市)無人販売の餃子を食べてみました

グルメ

筑西市にある「餃子の雪松」

冷凍餃子が24時間無人販売されてて、手軽に購入することができます。

この餃子は、創業昭和15年の群馬県水上にある「雪松食堂」の餃子を冷凍したもの。

芸能人・スポーツ選手・有名料理人など、各著名人がこぞってお店を訪れるほど、知る人ぞ知る餃子の名店なのです。

そんな名店の味をぜひ堪能してみてください!

外観

筑西市立養蚕小学校の近くにある無人販売の「餃子雪松 筑西店」

白い看板に大きく「餃子雪松」と書かれているので、とってもわかりやすいです。

 

 

店内入口はガラス張りになっています。

中の様子がわかるので入りやすいですね。

 

 

店内

店内に入ると広く感じます。

餃子の陳列棚が壁に埋め込まれているため、とてもスッキリとした印象です。

 

 

料金箱は出入口前に。

日差しが入って、全体的に明るい雰囲気です。

 

 

無人販売所ということで、店内にはもちろん店員さんはいません。

商品やお金は大丈夫なのかな?って心配になりますが、出入口前に料金箱があって、しかもガラス張りで外から丸見え状態。

これなら悪いことはできないんじゃないかなって思いますね。

 

買い方

さて、ここから餃子の購入方法をお伝えします。

まずは冷凍庫から餃子(1包36個入りで1,000円)を取り出します。

 

 

冷凍庫の中には保冷剤が入っています。

1袋につき2個まで無料で持ち帰ることができます。

 

 

あとは餃子のたれ。こちらは餃子とは別料金で、1個 200円です。

 

 

たれはあった方が美味しいけれど、無理して買う必要はなし。

餃子(とたれ)を手にしたら、レジ袋に入れます。

 

 

餃子1包につき、レジ袋1枚までです。レジ袋は無料。

そして最後にお支払い。お金を料金箱に入れます。

 

 

注意点として、おつりはでません。

ピッタリの金額を入れなきゃいけないので、あらかじめ用意してから買いに行った方がよいですね。

※万が一小銭がなかった場合、雪松の裏に ”ほっともっと” があります。そこの駐車場に自販機があるのでお金を崩せますよ。

 

その他、保冷バッグもあります。1個 100円。

 

「お持ち帰りに20分以上かかる方は、保冷バッグのご利用をおすすめしています」とのこと。

真夏の暑い日にはいいですね。

 

スポンサーリンク

 

焼いて食べた感想

実際に餃子を購入しました。

 

 

そして焼いてみたら、こんな仕上がりになりました。じゃん!

 

 

もちちの皮と、パリパリとした焼き目がいい感じに♪

 

 

断面図の写真を撮り忘れましたが。。

餃子の中身は、ニラとキャベツの野菜がたっぷりです。

豚肉は少な目で、野菜餃子といった感じかな。

ニンニクは結構強めですね。

なのでニンニク好きな人、スタミナつけたい人、あとは野菜餃子が好きな人には合ってると思います。

個人的には美味しい餃子と感じ、ペロリといただきましたよ♪

 

アクセス・駐車場

餃子の松雪筑西店は、筑西市立養蚕小学校の近くにあります。

五行川の下岡崎橋を渡ってすぐのところ、大通りに面しているので車で行けばすぐにわかります。

 

 

駐車場はお店の前に3~4台停められるといった感じです。

広くはないので混雑時は車を停めるのがちょっと大変になるかも。譲り合いが大切ですね。

 

店舗情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました